概要

カナダ山岳会の最も新しい山小屋を使用した5泊6日の氷河スキー縦走コースです。

ヨーホートラバースと呼ばれるこのコースは、以前はボウハットとスタンレーミッチェル小屋の間、約20kmの距離に山小屋がなく、テント泊をしなくてはいけなく、上級者向けの健脚コースでした。そのギャップを埋めるべくカナダ山岳会が新規に小屋を建設、2016年3月1日にオープンしました。その結果、ワプタトラバース同様、3箇所の山小屋を繋ぐことができるコースにリニューアルされました。

オンサイトは日本人グループとして初めて2016年4月にツアーを催行しましたが、今後人気が出ること必死の新コースです。

ロッキーのオートルートと呼ばれるワプタトラバースよりもアップダウンがあり、雪崩地形も多く通るので、ワプタトラバース経験者の次のステップとしてオススメのコースです。ロッキーの大自然、他の山域では決して味わうことができない、貸し切りの山を体験することができる、それがヨーホートラバースです!!

 

催行決定しました。残席わずか1席です、お問わせはお早めに!!

 

ご注意ください! 本ツアーはスノーシューでの参加はできません。


費用

価格 : お1人様 $1400+消費税5%

      

最小催行人数 : 4名 

*ツアー参加には、ウェイバーへの署名が必須になります。

  →ウェイバーについてはこちらから

 

ツアーに含まれるもの

  • 5泊6日の山小屋宿泊費
  • 国立公園使用料
  • 6日間の日本語ガイディング
  • 縦走中の食事 (朝x5、夜x6)

ツアーに含まれないもの

  • カルガリー空港への送迎
  • 縦走の前後泊
  • 入下山口への送迎
  • 縦走1日目の朝、全ての昼食、5日目の夕食
  • バックカントリーギア(スキー、ボード、ビーコン、シャベル、プローブ、ハーネス、カラビナ等)
  • 寝袋(小屋の宿泊に必要、レンタル可) *氷河縦走の装備は装備表を参照ください。
  • 海外旅行保険

ご注意ください! 本ツアーはスノーシューでの参加はできません。


日程

2017年4月17日(日曜) ~ 2017年4月22日(金曜) *縦走のみ、オプションでカルガリー送迎、前後泊の設定も可能。


ツアーの流れ

1日目 駐車場 ~ ボウ・ハット
距離 : 8km, 標高差 : 390m, 時間 : 5-7時間

 8:00にキャンモア、バンフを出発し1時間半のドライブでボウ・レイクへ。ここから氷河縦走開始です。

凍ったボウ・レイクを渡ったあと、雪崩地形に入る前にビーコンやプローブなどの雪崩ギアの使用方法をおさらいをし、記憶が曖昧な方も自信を持ってレスキューできるように再確認します。

 水が枯れたキャニオンの中を通りながら徐々に標高を上げると、森林限界を抜け、アルパインエリアへとはいるとこの日の核心部分、懸垂氷河が見えてきます。その懸垂氷河の下を素早く通り過ぎ、山小屋まで150mの標高差を登ると、カナダ山岳会所有のボウ・ハットへと到着です。

 

食事:朝☓ 昼☓ 夜◯、宿泊 : ボウ・ハット

2日目 ボウハットを起点に1日氷河スキー/ボード

マウント・ゴードン頂上にて
マウント・ゴードン頂上にて

 縦走に必要な食料などは山小屋に残し、軽い荷物でボウ・ハットを起点とした氷河スキー、ボードに出発します。付近には3000m級の山々がそびえ立っているので、天候がよければ山頂を目指します。頂上からの360度の大パノラマでみるロッキーの山々の景色は1勝の思い出に残ることまちがいなしです。

 

登頂可能な山 : マウント・ゴードン3200m、マウント・ロンダ(3015m)、セント・ニコラスピーク(2970m )など。

 

食事:朝◯ 昼☓ 夜◯、宿泊 : ボウ・ハット

3日目 ボウ・ハット ~ ガイ・ハットへ縦走

距離 : 10.5km, 標高差 : ↑525m ↓315m, 時間 : 6-7時間

核心部、クレバス帯を抜けて一安心
核心部、クレバス帯を抜けて一安心

 いよいよ最新のガイハットへの縦走開始です。ボウ・ハットの目の前に広がる氷河をあがると、どこまでも続く雪原のような広い場所、ワプタ大氷原にでます。一旦氷原の最高地点まであがったあとは、ヨーホー氷河の源頭部分まで滑り降ります。ここで一息ついたあとはこの日の核心部分であるクレバス地帯の通過です。クレバス帯を縫うように登って通過したあとは、マウント・コーリーを右手に眺めながら、氷原を峠まで登ります。この部分は空に向かって歩いているような気分になるほど、空が大きい場所です。ガイハットは稜線上にありわかりにくいのですが、ガイドと一緒なら安心です。 

 

食事:朝◯ 昼☓ 夜◯、宿泊 : ガイ・ハット

4日目 ガイ・ハット ~ スタンレーミッチェル・ハットへ縦走

距離 : 8km, 標高差 : ↑250m ↓785m, 時間 : 5-7時間

マウントマッカーサー頂上
マウントマッカーサー頂上

 ヨーホートラバースの行程中、最も困難な日です。ガイハットからまずは下に見える凍った湖まで一気に降ります。ここの降りは斜度がきついので、雪が緩みすぎても雪崩の危険性が、硬すぎても滑落の危険性があるので、微妙なバランスが求められる場所です。無事に湖に降り立ったあとは、次の核心部Isolated Colに向けて湖を横断します。Isolated Colも急な雪崩地形なので、条件が許せば鞍部まで登りますが、危険がある場合は迂回ルートをとおります。Isolated Colに上がれた場合は、そのままスタンレーミッチェル小屋に滑り降りるか、体力に余裕があれば、マウント・マッカーサーなどに登頂も可能です。

 

食事:朝◯ 昼☓ 夜◯、宿泊 : スタンレーミッチェル・ハット

5日目 スタンレーミッチェルを起点に1日バックカントリー

右がザ・プレジデント、下の森のなかにスタンレーミッチェル小屋がある
右がザ・プレジデント、下の森のなかにスタンレーミッチェル小屋がある

 4日目はスタンレーミッチェル小屋を起点に、軽い荷物で1日バックカントリーです。ここの小屋で延泊する理由は、ずばり付近のバックカントリー地形の素晴らしさです。地形が素晴らしいにも関わらず、高速道路から遠い小屋のため中々来ることができません。折角縦走中に訪れるのですから、連泊して付近を滑り倒さない手はありません。

3200m峰のザ・プレジデントやアイソレイティッド・ピーク、マウント・マッカーサーなど多くの山に挑戦することができます。

 

食事:朝◯ 昼☓ 夜◯、宿泊 : スタンレーミッチェル・ハット

6日目 スタンレーミッチェル・ハット ~ 駐車場

距離 : 23km, 標高差 :  ↓675m, 時間 : 7-9時間

夏は観光客で賑わうタカカウ滝周辺を歩いて下山
夏は観光客で賑わうタカカウ滝周辺を歩いて下山

 いよいよ最終日。スタンレーミッチェル・ハットからは降るだけですが、距離が23kmもあるので、この日も体力勝負です。スタンレーミッチェル・ハットから谷底までは一気に夏道を降りますが、朝は雪が固くなっているので木にぶつからないように注意が必要です。谷底に付いてからも、引き続き夏道を辿り、ラフィング・フォール、タカカウ・フォールなど凍った滝を見ながら、ゆっくりと歩いていきます。夏の観光シーズンにはひっきりなしに車が通るタカカウ・ロードも冬期は除雪しないので、トランスカナダ・ハイウェイまで自力で歩く/滑る必要があります。

カセドラルロッジ先にある駐車場に到着し、約50kmを自身の足で歩ききった満足感、達成感に浸りながらヨーホートラバースのツアーが終了となります。

 

食事:朝◯ 昼☓ 夜○、宿泊 : スタンレーミッチェル・ハット


宿泊する山小屋について

ボウ・ハット / Bow Hut

定員 : 30名

標高 : 2350m

一言 : キッチン棟とベッドルームがわかれているので、快適に寝ることが可能。

スコットダンカン・ハット / Scott Duncan Hut

定員 : 12名

標高 : 2773m

一言 : 縦走中最も高い場所にある小屋。12名の定員だがかなり狭いので6名ぐらいでも窮屈に感じる。氷河を見下ろすことができるので、景色はNo.1

ガイ・ハット / Guy Hut

定員 : 18名

標高 : 2585m

一言 : 2016年建設の最新の小屋。一階がキッチンとリビング、二階に雑魚寝形式に寝るスタイル。ソーラーと風による発電で室内は電気もある(充電は不可)。

 



ツアーブログ


冬のツアー一覧

カナダ キャットスキーツアー
カナダ ツアリング ロッジツアー
カナダ 日帰りバックカントリーツアー
カナダ ヘリスキーツアー